FC2ブログ

東山デンタルクリニック院長blog-東山便り-

東山小児歯科クリニックは,2011年5月,東山デンタルクリニックとして生まれ変わりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食育は,予防歯科の礎

少し前のことになりますが,当院の衛生士とともに「食育は,予防歯科の礎」
と題するセミナーに参加してきました。


最近の歯科業界はちょっとした「食育」ブームです。

英語のことわざに「You are what you eat(あなたが食べた物があなたを作る)」
ありますが,食育とはまさに体の健康を食事から見直すということ。
私が口を対象としている業種である以上,食べること,ということは
切っても切り離せません。

一口に食育といってもいろんな切り口があると思います。
食品や食材を栄養学的に考える食育
食べ方や噛み方を考える食育
食材の産地や農業界全体を考える食育
添加物や農薬など化学的な視点に立つ食育
・・・・・・・

今回は食育と予防歯科がテーマですので,食事内容から
虫歯や歯周病を見つめ直す・・・という内容かな?と想像していましたが,
見事に裏切られました。


IMG_5521_2_convert_20171002163229.jpg

講師の林先生は,歯科の治療のゴールは,患者さんがいかに「食べられる」
ようになったかであると仰っていました。

「歯医者が歯を治して食べれるようにする・・・あたり前じゃない?」
そう思われる方が殆どだと思いますが,多くの歯科医師が(私をはじめ(-。-;)
「治す」「歯を入れる」ことに心血を注いていますが,果たして「噛むこと」「咀嚼すること」
までしっかりとフォローしているか?と言われると・・・難しいところがあります。

患者さんがしっかり咀嚼して栄養を摂取しているか?
歯医者が食育を考えるなら,そこまで考えないといけないよというメッセージでした。

とても大切なことに気づかされるセミナーでした。



スポンサーサイト
  1. 2017/09/24(日) 23:04:41|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。