東山デンタルクリニック院長blog-東山便り-

東山小児歯科クリニックは,2011年5月,東山デンタルクリニックとして生まれ変わりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発想の転換

先月まで約半年に渡り参加していたセミナーの修了証授与式の写真が届きました。

セミナーの内容は「コンポジットレジン修復の発想の転換」

毎日の臨床の欠かせない「コンポジットレジン」と呼ばれる材料。
「詰めもの」の治療に使われる高機能プラスティック材料です。
この材料は歯と同じ色で,歯と化学的に接着し,見た目もキレイで
即日治療が終わるので,利用頻度が多く,虫歯治療では無くてはならない材料です。
ただし主成分がプラスティックなので,強度は金属やセラミックと比べると
劣るとされており,大型の補綴治療の際にはあまり使われないことが一般的です。

私も比較的小さな虫歯ではよく使ってきましたが,虫歯の範囲が大きくなると
金属やセラミックで治療を行うことが多いです。

しかし今回受講したセミナーの内容は,このレジンの考え方を大転換させる
画期的なものでした。

日本のトップである東京医科歯科大学のう蝕制御学講座の現役教授や講師の方々から
コンポジットレジンの歴史,歯と接着するメカニズム,化学的組成から
開発中の次世代のコンポジットレジンまで,科学的論文に基づく科データを
もとに解説していただき,レジンの特性について改めて深く知ることができました。
また臨床に於いては,これまで自分の中では考えられなかったレジンの使い方を
数多く学ぶことができました。
まさに自分の中の発想の転換になりました。

この半年間のセミナーで学んだことを生かし,できるだけ削らない,
歯に優しく,患者さんに優しい患者さんに寄り添った治療を行って行きたいです。
講師の先生方素晴らしい講演をありがとうございました。

DSC00714_convert_20150420221501.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/03/25(水) 00:32:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。